蜜蜂と遠雷 / 恩田陸

すでにうっすらと大御所感すら漂っている印象すらある恩田陸さん、この度、第156回直木三十五賞を受賞したそうでおめでとうございます。
それこそ10代の頃から読んでいる一読者として感慨深い。

その直木賞を受賞した作品が、このたまたま読み進めていた「蜜蜂と遠雷」。
二週間に渡るピアノコンクールをまさに文字通り舞台にした話しで、出て来るキャラクターみんながみんな天才ばかり(当然だけど)。登場人物に自分を重ねながら読むというよりも、第三者的に流れに身をまかせなが読んでたらコンクール終わってたという感じ。

この本、すごく読みやすい。もともと読みにくい作風の人じゃないけど、ファンタジー色・幻想的な描写がすっかりなりを潜めてすごく読みやすい。恩田陸的なそこに魅力を感じていた人は十分な満足感を得られないかもしれないけど、500ページを一気に読ませられる力というのはもうそれだけですごい事だと思う。
音楽を文字で表すことの難しさを感じさせないことにも驚かされる。とても真っ当な話を真っ当に描ききっていることは素直に評価していいんじゃないかと思うよ。

本屋大賞2016にもノミネートしてるらしく、そちらはどうなるだろう。

蜜蜂と遠雷 / 恩田陸