000601

服従 / ミシェル・ウエルベック

本屋で見かけて装幀の佇まいになにか惹かれるものを感じ、初めてみる作者だったけど読んでみることに。
(毎度毎度のことだけど、図書館で借りてきた本なのがね…)

遠くない未来2022年のフランスでイスラム政権が誕生する、というのが限りなく短くしたあらすじ。
まず、この本を読むのに必要な宗教的・政治的な知識が自分には足りていないのでどれだけ読み解けたのかがかなり怪しい。

インテリの代表のような大学教授の主人公、もともと信心深くないのだがあっさりイスラム教に改宗してしまうのにびっくり。ヨーロッパの国家や文化のゆるやかな死にとって代わるイスラムのエネルギーが象徴的。舞台を現代の日本に置き換えることがいとも簡単にできてしまいそうなことにまたびっくり。

すごく冷静に残酷に書かれた終わりの始まり。文学作品としての面白さと描かれている絶望とのギャップがまたすごく怖い。特異な作品。

服従 / ミシェル ウエルベック