MRTR

日本で初めて発売されたiPhoneに飛びついたのが2008年のこと。時は流れてはや2017年。 3G、4、5、6、とおよそ2年周期で買い換え続けてきたiPhoneからの卒業を決意することと相成りました。

なぜやめるのか

漠然とですが少しずつ溜まっていた違和感のようなものがiPhone8の予想価格を聞いた時に爆発したからです。

感じていた違和感の正体はというと、「iPhoneじゃなくてもよくね?」てこと。

  • メール → Inbox(Gmail)
  • カレンダー → Google Calendar
  • ブラウザー → Chrome
  • 地図 → Google Maps
  • 写真のバックアップ → Google Photo
  • 書類のバックアップ → Google Drive
  • メモ → Google Keep

普段からiPhoneで使っている主要な機能、こんだけGoogleに依存してるならもうOSもGoogleにまかせたほうが効率いいんじゃねと思ってました。 そんなこんなを考えていたところに、次世代iPhoneは10万円から!なんてこと聞いたらそら思いますよ。わしゃ富豪か!と。どうせ8買っても9はこんな新機能が、10ならこんなすごいことも、ともう追い立てられることに疲れました。

不安に思ってたこと

  1. 今出来てることがAndroidでも出来るのか?
  2. 巷で見るAndroidの画面ってすごいとっちらかってるんですけど…

1つめに関しては、一昔前と違ってiOS版アプリはあるけどAndroid版はないなんてことが少なくなっています。実際使っていたアプリで移行できなかったのはflickrくらいでした。(ゲームとかあんまりしないせいかもしれない。) Android出始めのころと比べてOS自体の機能・方向性も似通ってきてると思います。

2つめに関しても、素のAndroid OSなら許容できる範囲だとわかりました。基本的にはこのデザイン原理に従ってUIが作られていて、アプリごとの差異はiOSでもあることです。(ただ、そのばらつきの度合いはiOSよりもAndroidアプリのほうが大きいのは確か。)

必須の機能

新端末を選ぶ際の基準として、なくては困る機能だったのが以下のもの。

  • SIMフリー(今使ってるSIMを差し替えるだけで使える)
  • 指紋認証(快適で一度使うと戻れない)
  • モバイルSuica & おサイフケータイ(生活をキャッシュレス化したい)
  • 画面が大きすぎない(5.5インチだとちょっと辛い)
  • 素のOS & 新しいOS(プリインアプリとかいらない)
  • OSのアップデート保証(iOSだと自分で出来るのに、Androidだとメーカーを介さないといけないのね)

これに加えて、あるといいなと思ってのが機能がこれ。

  • 画面がキレイ
  • 重くない
  • バッテリーがもつ
  • 防水・防塵
  • カメラが高性能

ちょうどいいタイミングのNuAns NEO[RELOADED]

この要件にマッチする端末を探すと、不思議なことにもう選択肢が1つしか残りませんでした。ありました、日本のメーカーで、というか地元埼玉のメーカーが新たに発売するというNuAns NEO[RELOADED]という端末が。

正直なところを言うと、端末デザインのコンセプト(カバーを着せ替えるとか…)にはあまり惹かれなかったのですが、実際に使ってみると意外といい塩梅です。隙のない完成されたプロダクトであるiPhoneと比べると、チープなつくりではあります。が、スマホなんて日用品がそんなに美しい必要あるの、と誰もが仰々しいカバーをつけてiPhoneを使っているのを見ると思ってしまう。

使ってみての感想

使ってみて不満だったのはカメラの性能くらいかな。オートフォーカスが弱い。ホワイトバランスのずれが気になる。

他の欲しかった機能にはおおいに満足してる。モバイルSuicaとおサイフケータイ(iDでもQUICPayでも楽天Edyでもなんでも使える)は便利すぎるし、画面は綺麗で汚れにくいし、指紋認証は速くて認識率高い(両親指2つずつ登録した)し、インターフェースはすっきりしてるし(ヌガーいいよヌガー)。

というわけで、iPhone使っててマンネリを感じてる人、iPhone8とか高すぎるわ!とか思ってる人、Androidにしてみるのも意外と面白いと思いますよ。オススメです。