子連れで台湾旅行4泊5日#1

思い立ってから2ヶ月ちょっと。1歳8ヶ月のやんちゃな男児を連れての4泊5日台湾旅行の軌跡。

サクッと記録するくらいに留めようと思ってたのに5日間ともなるとそれなりの量になるので、やっぱり1日毎に分けることにした。

幼児を連れて海外に行くことを考えた時になんといっても一番問題なのが飛行機。空の上には逃げ場がないもんねぇ。という訳で、目的地は消去法的にアジアの東側になるわけですが、その中から前からちょっと行ってみたかった台湾にすぐ決まり。
本当は9月のシルバーウィークに行く予定だったけど、高いツアーしか残ってなく断念。結果的に10月中旬になってちょうどよすぎる気候だった。

文章のお供に足取りを記録したこちらの地図も合わせてどうぞ。

1日目 松山空港〜中山

台湾のデータ通信無制限すごい

松山空港に到着後、ゲートを出てすぐのところにある中華電信のカウンターへ。iPhone用のSIMを購入。5日間通信料無制限のプランで300元(と言っても中国元ではなく台湾ドル、1元=3.8円)なので大体1,100円くらい。この安さでつなぎ放題で通信状況も日本と変わらず使えるのですごい便利。SIMフリーの人には無条件でオススメしたい。SIMの入れ替えは店員さんがやってくれるけど、帰国後元に戻す時のために交換用のピン(iPhone)は必要です。あと、APN設定をinternet、ユーザー名・パスワードをそれぞれ空にしないと繋がらず、焦った。

中華電信のナノSIMカード

地図で見ると一目瞭然なんだけど、松山空港の市街地への近さったらない。至極便利。ホテルで荷ほどきしたら早速中山方面へてくてくと。ちなみにホテルは行天宮駅から少し歩いたところ。

食べ歩きスタート

脆皮鮮奶甜甜圈でやたらでかいドーナツを食べ、屋台が立ち並ぶ隻城美食街の丁香豆花で初めて豆花(トウファ)というものを初めて食べた。

丁香豆花
豆花、豆乳プリンに甘いシロップと豆とか白玉とかをトッピングしたもの。

勝立生活百貨でほんとに普通の日用品を眺めつつ、丸林魯肉飯へ。魯肉飯=豚肉そぼろ飯、鶏肉飯=ほぐした鶏肉飯、はその後何度も食すことに。

巨大な飛行機眺めながらの夕食

そこから少し歩いてMaji Maji集食行樂へ。DEAN&DELUCAっぽい感じの神農市場を見たり、フードコートで夕食を食べたり。

そしてここ!松山空港の滑走路と並行に真西に位置しているのでものすごい大きく飛行機が見える!!!飛んでる飛行機をこんなに間近で見れるなんて年甲斐もなく興奮。子供も大興奮。

頭上を豪快に飛び去っていく飛行機を楽しみながら大通りまでぶらぶら歩き、訪台後初めてのタクシー利用でホテルへ帰って無事初日は終了。