MRTR

火花 / 又吉直樹

第153回芥川賞受賞作品の「火花」をやっと読んだ。

読み始めてすぐに、これはまずい、と思った。すごく堅苦しい言い回しで文学然とした気取った文章が鼻についたから。 でも読み進めていくうちに少しずつ冒頭で感じた違和感は薄まっていき、気付いたら話に入り込んでいた。ところどころで「路傍て」とかツッコミを入れたくなったものの、一気に終わりまで読み終えてしまったことにびっくり。

芸人である又吉にしか書けないだろう話しで、ハードルが上がってしまった以降の作品が心配になってしまうくらい面白かった。

火花 / 又吉直樹